口臭の原因は舌苔!!取り除く上で押さえておきたいポイントを解説

舌苔(ぜったい)とは、舌の上に付着している白い苔状の物質を指します。

簡単に説明すると舌苔は舌の汚れで、舌の上皮が伸びたものに細菌や食べカスが付着して形成されるのが特徴ですね。

自分の舌を鏡でチェックしてみて、「何か白い汚れが付いている」と感じたことのある方はいませんか?

この正体は細菌の塊である舌苔で、口臭の大きな原因だと考えられています。

吹き出し画像
この舌苔を取り除く方法は、口臭を改善する方法として即効性がとても高いんです。

ここでは、舌苔が口臭に与える影響と取り除くときのポイントをお伝えしています。

舌苔が原因の口臭についてまとめてみた

口臭の原因舌苔のイメージ
なぜ舌苔が原因で口臭の症状が悪化するのか、具体的なメカニズムについて見ていきましょう。

舌苔が口臭に与える影響

  1. 舌苔は細菌の塊で、舌の表面にへばりついて次第に厚みを増していく
  2. 口腔内に棲み付いている嫌気性細菌が舌苔に付着する
  3. 古い粘膜や食べ物のカスに含まれているタンパク質を分解する
  4. タンパク質の分解の過程でVSC(揮発性硫黄化合物)が発生する
  5. 臭い物質のVSC(揮発性硫黄化合物)が増えると口臭も悪化する

舌苔自体が口臭の直接的な原因になり、鼻をつくようなキツい臭いに変化するケースは少なくありません。

歯と歯の間に付着する歯垢と同じように舌苔も細菌の温床ですので、口腔内を清潔に保つに当たって不要な存在なのは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

しかも、舌苔の付着を放置していると、口臭だけではなく次のトラブルのリスクも高くなりますよ。

  • 病原菌が気管から肺の中に入り込んで誤嚥性(ごえんせい)肺炎を発症する
  • 味を感じる味蕾を覆って食べ物や飲み物の味を感じることができなくなる

口腔内のあらゆるトラブルや病気の原因になりますので、舌苔が付着している方は早めの対策が必要です。

舌苔が舌に付着しやすくなる原因は大きく5つ

舌苔は人によってできやすさが違います。

普段の生活で全く気にならない人がいれば、気付いたら付着しているという方も少なくありません。

ここでは舌苔が舌に付着しやすくなる原因をまとめてみました。

    舌苔が付着する5つの原因

  1. 常に口を空けているクセがある(口腔内の乾燥によって舌の汚れがこびりついて取れにくくなる)
  2. 日々のブラッシングを怠っていて口内の細菌が繁殖しやすい環境が出来上がっている
  3. 加齢によって舌の表面の角質化が進み、上皮が剥がれて舌の上に溜まりやすくなっている
  4. 口呼吸や鼻炎など、様々な原因で唾液の分泌量が減少して舌の汚れを洗い流すことができていない
  5. 胃腸のコンディションの悪化で細菌への抵抗力や免疫力が低下し、舌苔が付着しやすくなっている

口腔内が乾燥して唾液の分泌量が減少したり、日々のブラッシング不足で不衛生な状態が続いていたりと、舌苔ができる原因は様々ですね。

舌苔を取り除く上で押さえておきたいポイント

舌苔除去のイメージ
口臭を改善したいのであれば、舌の上に付着している舌苔を綺麗に取り除かないといけません。

逆に言うと、舌苔という老廃物を取り除くだけで口臭を抑えることができるので、とても簡単で即効性のある口臭対策だと言えます。

以下では舌苔を取り除く上で押さえておきたいポイントを説明していますので、どのようにケアをすれば良いのか見ていきましょう。

適度に舌磨きを行う

歯ブラシで歯を磨いているだけでは舌苔を落とすことはできないため、適度に舌磨きを行うべきです。

舌磨きの方法はとても簡単で、具体的な手順をまとめてみました。

舌磨きの手順

  1. 専用の舌ブラシをドラッグストアやネット通販で購入して用意する
  2. 鏡を見ながら舌を突き出して舌苔が付着している場所を確認する
  3. 水に浸した舌ブラシを舌の一番奥に当てて手前に優しく引く
  4. 一度引くごとに水道水で綺麗に洗い、数回程度繰り返す

専用のブラシがあれば舌苔を落とすことができますが、あまりにも無理矢理力を入れてゴシゴシと擦っていると、粘膜が剥がれて角質化して更に舌苔が分厚くなってしまいます。

舌はとてもデリケートな存在ですので、「余計な刺激を与えないようにする」「優しい力でケアする」という点を押さえておきましょう。

薬用マウスウォッシュを使用する

薬用マウスウォッシュは、舌苔の除去や口臭の改善で大いに役立つアイテムです。

時間がなくて舌磨きができない時は、殺菌効果の高い薬用マウスウォッシュを口の中に含んでグチュグチュとすすぎましょう。

嫌な臭いの元になる細菌を殺菌しながら、口内をスッキリ爽快の状態にできますよ。

舌苔の付着している量が多い時は、ブラシで磨いた後に薬用マウスウォッシュを使うのが効果的です。

しかし、あまりにも薬用マウスウォッシュを使用する頻度が多いと、今度は唾液の分泌量が減少して口腔内の衛生環境を保てなくなりますので、適度なケアを心掛けてください。

舌苔が付着しないように予防する

既に形成された舌苔を取り除くだけではなく、次のように新たな汚れが付着しないように予防するケアも重要です。

    舌苔付着予防方法

  • 食べ物を食べる時に良く噛んで唾液を分泌させる
  • 適度に水分補給をして口の中に潤いを与える
  • 唾液腺トレーニングをして唾液の量を増やす
  • 口内を乾燥させるタバコはやめる(禁煙にチャレンジする)
  • 睡眠をしっかりと取って免疫力や抵抗力の低下を予防する

唾液の分泌を正常化すれば口腔内を健康的な状態にできますので、舌苔の付着や口臭の悪化で悩んでいる方は是非一度試してみましょう。