ヨーグルトが口臭の改善に役立つ理由 | ロイテリ菌の効果

食べ物や飲み物の中には、口臭の症状を和らげるものが幾つかあります。

普段から食べている食品で口の臭いを和らげることができれば、これほど簡単なケアはありませんよね。

製品の種類によって異なりますが、ヨーグルトは口臭の改善に役立つ代表的な食べ物なんです。

ここではなぜヨーグルトを食べて口臭の症状が和らぐのかについてお伝えしています。

ヨーグルトが口臭の改善に役立つ理由はこれだ!

ヨーグルトが口臭に効く理由

  • ヨーグルトの中には善玉菌の乳酸菌がたっぷりと含まれている
  • 乳酸菌が腸内に働きかけて善玉菌と悪玉菌のバランスを整える
  • 悪玉菌の繁殖が食い止められると悪臭ガスが発生しにくくなる
  • 呼気として排出される心配がなくなるため、口臭が気にならなくなる

腸内環境の乱れが引き金になって、口臭が酷くなるケースは少なくありません。

腸内で発生した悪臭ガスのアンモニアやインドールといった物質は血液の中に溶け込む性質がありますので、呼気として排出されると口臭が酷くなる仕組みです。

ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌は、身体に負担をかけずに腸内の細菌のバランス(腸内フローラ)を整えてくれます。

つまり、ヨーグルトは身体の内側から発生する口臭の改善に大きな効果を発揮するわけですね。

ヨーグルトは健康や美容にも良い食べ物ですので、コンビニで購入して食べてみてはどうでしょうか。

口臭に効くヨーグルトの種類は?

全てのヨーグルトの中には、腸内環境の改善に役立つ乳酸菌が含まれています。

数多くの製品の中でも、ロイテリ菌(L.reuteriDSM17938株)を含む機能性表示食品のロイテリ ヨーグルトが口臭の予防に役立ちます。

なぜロイテリ ヨーグルトが口臭に働きかけてくれるのか簡単にまとめてみました。

    ロイテリ菌が口臭に良い理由

  • ロイテリ ヨーグルトの中にはロイテリ菌が配合されている
  • ロイテリ菌は虫歯菌のミュータンス菌を抑制する働きが認められている
  • 同時に歯茎の炎症や腫れの症状を抑えることができる
  • 口腔環境を整えることで口臭が発生しにくい状態を維持できる

ロイテリ ヨーグルトを食べるだけで口腔環境を整えるケアができますので、間接的に口臭の改善にも効き目があるわけです。

吹き出し画像
ロイテリ菌はスーパー乳酸菌と言われていますよね

ロイテリ ヨーグルトを製造しているオハヨーバイオテクノロジーズ株式会社が20代~60代の男女に歯や口臭に関するアンケートを実施したところ、次のような結果が出ました。

<口臭の対処法は?>
1位:歯を磨く(54.2%)
2位:ガムやタブレットを食べる(23.8%)
3位:うがいをする(8.3%)
4位:舌を磨く(5.0%)
5位:水やお茶を飲む(4.2%)
6位:口臭スプレーを使う(1.3%)
7位:歯科医院に通う(1.3%)

歯磨きやブラッシングで口内の汚れを取り除いて口臭を対策するのも重要ですが、ヨーグルトを食べて身体の内側からケアするのも選択肢の一つです。

ヨーグルトを食べて期待できる効果はけっこう多い

ヨーグルトは口臭予防だけではなく、他にも美容や健康を促すたくさんの効果があります。

おやつとして食べるだけで様々な効能を得ることができますので、万能な食品なのは間違いありません。

ヨーグルトの種類によっても違いますが、具体的にどのような効果が期待できるのか幾つか挙げてみます。

ヨーグルトの効果

  • 腸内環境を整えることで便通を良くして便秘の症状を和らげる
  • 免疫力や抵抗力をアップさせて風邪やインフルエンザにかかりにくい状態を作る
  • 花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する
  • 食事の前に食べることで満腹感を得てダイエットに繋げられる

「便秘の症状を少しでも和らげたい」「ダイエットを効率良く行いたい」と考えている方にヨーグルトはおすすめです。

整腸効果を期待したいなら食後、ダイエット効果を得たいのであれば食前のタイミングでヨーグルトを食べるのが良いでしょう。

もちろん、医薬品のように短期間で劇的な効果や変化を実感できるわけではありませんので、少しでも長く食べ続けて体質改善を図るのがポイントです。

ヨーグルトなどの乳製品は食べすぎると口臭が悪化する!

ヨーグルトは便秘の解消や免疫力のアップに加えて、身体の内側から発生する口臭の予防にも効き目があります。

しかし、「ヨーグルト」「チーズ」「牛乳」といった乳製品は、食べすぎていると逆に口臭の症状が悪化することがあるんです。

以下では、乳製品を食べて口臭が悪化するメカニズムについてまとめてみました。

  1. 乳製品の中にはタンパク質が含まれている
  2. そのタンパク質をバクテリアが分解する
  3. 口臭の原因になる臭い成分が作られる

タンパク質の中でも、特に硫黄分に富んでいる物質はバクテリアの大好物になります。

つまり、口臭を和らげたいからといって、ヨーグルトばかりを食べるのは絶対に避けるべきです。

短期間でたくさん食べても比例した効果や効能が得られるわけではありませんので、1日1パックのヨーグルトを目安に少しでも長く継続する努力をしてみてください。