ツーンと酸っぱい口臭の原因と対策

ツーンと酸っぱい口臭の原因はこれ!

口臭と一口に言っても、「卵が腐ったような臭いがする」「生ゴミのような臭いがする」と症状には個人差があります。

どちらにしても良い香りではありませんので、正しい方法で解消するのがエチケットですよね。

自分の口臭を嗅いでみて、「ツーンと酸っぱい臭いがする」と感じたことのある方はいませんか?

酸っぱい香りの口臭がしている方は、歯や内臓に何かしらの疾患が隠れている可能性がありますので注意が必要です。

ここでは、何が原因でツーンと酸っぱい口臭が引き起こされるのか2つ挙げてみました。

①歯槽膿漏を患っている

歯槽膿漏のイメージ
歯槽膿漏は口内の代表的な疾患で、歯茎や歯槽骨などの組織に炎症が生じて赤くなったり腫れたりします。

歯槽膿漏を発症する原因は、大きく分けると次の4つです。

    歯槽膿漏の原因

  • 口腔内の汚れの蓄積やビタミン不足などの「局所的な原因」
  • 糖尿病や血液疾患などの「全身的な原因」
  • タバコやアルコールなどの「生活習慣からくる原因」
  • 精神的なストレスなどの「社会心理的な原因」

なぜ歯槽膿漏がツーンと酸っぱい口臭の原因になるのか、簡単にメカニズムをまとめてみました。

歯槽膿漏が原因の口臭のメカニズム

  1. 歯槽膿漏による膿や歯垢が口内に蓄積する
  2. チオールなどの悪臭物質がモリモリと作られる
  3. 組織の壊死で生じる肉が乳酸の酸っぱい臭いと混ざる
  4. 猛烈な臭いになって口の中から発せられる

既に歯茎が腫れ上がっている人は歯槽膿漏の予備軍ですので、早めに歯科医院を受診して専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

②逆流性食道炎を発症している

胃酸の逆流のイメージ
逆流性食道炎とは、胃で消化される食べ物が食道に逆流して留まり、炎症を起こして胸焼けや胸の痛みなどの症状を訴える病気です。

元々は日本人に少ない病気でしたが、食生活の欧米化によって逆流性食道炎を患う方が増えました。

「胸がチクチクと痛む」「みぞおちから口側に向かって焼ける感じがする」という方は、逆流性食道炎の可能性がありますね。

逆流性食道炎はツーンと酸っぱい口臭が酷くなる原因の一つで、その理由を見ていきましょう。

    逆流性食道炎で口臭が酷くなる理由

  1. 逆流性食道炎を患っていると胃液が逆流する
  2. 胃液の中には強い酸が含まれている
  3. 胃液が食道に流れ込むと酸っぱい臭いが喉まで上がってくる
  4. ツーンとした不快な香りの口臭になる

酸っぱい臭いと口内の細菌の繁殖による卵が腐ったような臭いが混ざり合うと、余計に症状は悪化しますので注意が必要です。

ツーンと酸っぱい口臭の正しい対策をまとめ

以下ではツーンと酸っぱい口臭の正しい対策をまとめていますので、何をすれば良いのか参考にしてみてください。

口内を清潔な状態で保つ

口臭は原因に関わらず、口内を清潔に保つことが重要です。

口腔内が不潔な状態が続いていると、「細菌が繁殖する」⇒「臭い物質が作られる」という流れでツーンと酸っぱい口臭に繋がります。

私たちの口内には700種類を超える細菌が棲み付いていますので、清潔さを心掛けるのが大事なのは何となくお分かり頂けるでしょう。

具体的に日々の生活の中で行いたい対策は次の3つです。

  • 毎日のブラッシングで歯と歯の間に付着した汚れを除去する
  • ナイロンなどの人工の毛で作られた歯ブラシを使う
  • デンタルフロスなどの補助的清掃用具を有効活用する

口腔内を清潔に保つのは、口臭だけではなく虫歯や歯周病の予防にも欠かせません。

歯槽膿漏を予防する

歯医者のイメージ
ツーンと酸っぱい口臭は歯槽膿漏が引き金になって引き起こされるケースが多いため、この病気を未然に予防する必要があります。

上記で説明した内容と少し被りますが、歯槽膿漏の予防に欠かせないステップを見ていきましょう。

    歯槽膿漏の予防方法

  • 食後の歯磨きを心掛けて食べ物のカスが溜まらないようにする
  • 1日に1回のペースで歯間ブラシやデンタルフロスを使う
  • 定期的に歯科医院を受診して綺麗にクリーニングしてもらう

ブラッシングのやり方が間違っていると汚れが増えて口臭が益々悪化しますので、歯科医院の医師から正しい方法を教わるのも良いでしょう。

逆流性食道炎を予防する

逆流性食道炎にならないように予防すれば、酸っぱい口臭で悩まされずに済みます。

一昔前は高齢者に起こりやすいと考えられていましたが、近年では若者でも逆流性食道炎を発症するケースが増えています。

放置すると口臭だけではなく潰瘍に進行する恐れもありますので、下記の方法で逆流性食道炎を予防すべきです。

    逆流性食道炎の予防方法

  • 肉類などの脂肪分の多い食事を控えて、胃への刺激が少ない野菜や魚を食べる
  • お腹いっぱいまで食べるのではなく、いかなる時も腹八分目を心掛ける
  • 普段の食事で使う油をオリーブオイルに変えてみる(便秘を解消する効果もある)

胃への負担をやわらげるだけでも、逆流性食道炎の発症率を下げることができますよ。

毎日の食生活は健康維持と深く関わっていますので、「ちょっと乱れているかな?」と思い当たる節がある方は一度見直してみてください。