口臭は乳酸菌で予防できます! | サプリメントの選び方も解説

乳酸菌とは代謝により乳酸を産生する細菌類で、ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントの中に配合されています。

遥か昔から健康の維持と増進に役立つと言われてきた成分で、乳酸菌の摂取で腸内環境を整えて便秘を解消できるのは有名ですよね。

この乳酸菌は整腸効果だけではなく、口臭の予防に役立つのはご存知でしょうか?

乳酸菌は種類によって効果が変わりますので一概には説明できないものの、人の口内から発見されたWB21乳酸菌は特に口臭予防効果が高いことが分かっています。

ここでは、乳酸菌が口臭の予防にどのような関係があるのかについてお伝えしています。

乳酸菌で口臭を予防できる理由

真性口臭症患者9名に毎日20億個のWB21乳酸菌とキシリトール配合のタブレットを与える実験では、次のような結果が出ています。

  • 口臭の強度を測定する口臭の官能スコアが減少した
  • 「総揮発性硫黄化合物濃度」「硫化水素濃度」「メチルメルカプタン濃度」が減少した
  • プロービング時出血部位が減って口臭が改善された
  • 刺激時の唾液の分泌量が増加した

つまり、WB21乳酸菌は口臭のコントロールや口内の健康維持に役立つわけです。

他の乳酸菌にも、細菌の住処である歯垢を除去して口内環境を整える働きがあります。

「乳酸菌は便秘や下痢の症状に良いだけ」とイメージしている方は多いものの、口臭で悩まされている人にも良い成分なのです。

腸内環境の乱れが原因の口臭には乳酸菌で対策がおすすめ!

口臭が引き起こされる原因の90%は、虫歯や歯周病を中心に口腔内のトラブルが占めています。

しかし、人によっては胃や腸などの内臓に何かしらの原因が潜んでいることで、口臭が悪化しているケースは少なくありません。

なぜ腸内環境の乱れで口臭の症状が悪化するのか、考えられる理由を見ていきましょう。

腸内環境の乱れによる口臭発生の流れ

  1. 腸内環境が乱れている状態では善玉菌が減って悪玉菌が優位な状態になる
  2. 未消化の食べ物が腸の中に停滞すると、異常発酵して悪臭ガスが作られる
  3. アンモニアやインドールなどのガスが血液の中に取り込まれる
  4. 全身を巡って呼気として排出されると口臭がキツくなる

胃腸などの内臓が原因の口臭は、「卵の腐ったような臭い」「ドブのような臭い」とキツい臭いになるケースが多く、とても厄介ですね。

このような原因の口臭を和らげるには、乳酸菌が大いに役立ちます。

それは乳酸菌を摂取することで、腸内に棲む細菌のバランスを整えて良好な環境に導くサポートをしてくれるからです。

一昔前から健康に良い影響を与える微生物として注目を集めていますので、胃腸のコンディションが優れない人は乳酸菌を取り入れて口臭を予防してみてください。

乳酸菌が持っている効果をまとめ

様々な研究により、乳酸菌は美容や健康に効果的な微生物だというのは有名ですね。

上記でも説明したように腸内フローラを整えてくれるのが一番の効果ですが、乳酸菌のメリットはこれだけではありません。

ここでは乳酸菌が持ち合わせている効果を説明していますので、どのように働きかけてくれるのか見ていきましょう。

    乳酸菌の効果

  • 脂肪組織の炎症を抑えることで内臓脂肪を低減する(ダイエットを間接的にサポートしてくれる)
  • プロバイオティクスの効果で生まれた酵素の働きで、体内のコレステロールの数値を減少させる
  • 免疫活動を活性化させるスイッチを入れて、風邪やインフルエンザなどの病気を未然に予防する(1073R-1乳酸菌は病原体と戦うNK細胞の働きを高めてくれる)
  • 腸内環境を整えたり免疫作用を強化したりすることで、ノロウイルス感染性胃腸炎の症状を緩和する
  • 花粉症やアレルギー性鼻炎といったアレルギー症状を軽減する

乳酸菌は美容と健康の両方に効果的な細菌です。

乳酸菌を含むヨーグルトやサプリメントを飲んでいれば、身体の内側から体質改善を図ることができますよ。

乳酸菌サプリメントの選び方で押さえておきたいポイントはこれだ!

乳酸菌をバランス良く摂取して口臭予防を図りたいのであれば、サプリメントの摂取がおすすめです。

乳酸菌サプリであれば1日の目安量のカプセルや錠剤を摂取するだけで、何億個もの乳酸菌を簡単に取り入れることができます。

以下では乳酸菌サプリメントの選び方で押さえておきたいポイントを幾つか紹介していますので、「どれを飲めば良いの?」と迷っている方は参考にしてみましょう。

乳酸菌サプリを選ぶポイント

  • 便秘を解消したい人はビフィズス菌やラクリス菌、シロタ株など整腸作用を持つ乳酸菌を含む製品を選ぶ
  • 風邪やインフルエンザを予防したい人は、クレモリス菌FC株やラブレ菌など免疫力アップ作用を持つ乳酸菌を含む製品を選ぶ
  • 花粉症の症状で悩んでいる人は、BB536やフェカリス菌などアレルギー症状緩和作用を持つ乳酸菌を含む製品を選ぶ
  • オリゴ糖やビタミンを中心に、乳酸菌との相乗効果が期待できる成分や栄養素が含まれている
  • お手頃な価格で少しでも長く飲み続けることができる(コストパフォーマンスが良いのかどうか)

インターネット通販では様々な種類の乳酸菌サプリが販売されていますので、自分の体質や目的に合う製品を探してみてください。