リステリン至上最強と言われる紫の実力と使い方

マウスウォッシュと言えばリステリンというくらい高い知名度を誇っています。

中でも紫色のリステリン トータルケア プラスは最強と言われています。

ここでは、紫色のリステリン トータルケア プラスがなぜ最強といわれているのか、使い方はどうするのかについてお伝えしています。

紫のリステリンが最強といわれる理由

紫のリステリンの位置づけは最上位

リステリンの種類
転載元:リステリン公式サイト
リステリンは10種類がラインナップされていて、「刺激の強さ」と「機能性」により分類されています。

紫のリステリンというのは、「トータルケア プラス」と「トータルケア ゼロ プラス」のことですね。

表を見ると、どちらも高機能に分類されています。

最強の理由は1本でトータルケアできるから

紫のリステリンはトータルケアに適している
転載元:リステリン公式サイト
紫のリステリンは公式ホームページでも「リステリン至上最高峰」であると表現されています。

先ほどお伝えしたとおり、紫のリステリンは高機能に分類されています。

高機能製品の効果

  • 口臭
  • 歯肉炎
  • 歯垢の予防
  • 虫歯
  • 歯石
  • 口臭歯肉炎
  • 着色
  • 汚れ
  • ネバつきの予防

紫のリステリンは、特化型である「歯周病」「ホワイトニング」以外のすべての効果を持っています。

さらに、医薬部外品であることから、一定の効果についても認められています。

紫のリステリンは洗口液ではなく液体歯磨

一般的にマウスウォッシュと呼ばれているものには2つに分類できます。

  • 洗口液
  • 液体歯磨き

ですね。

洗口液は口の中をぐちゅぐちゅとして洗浄するためのものですね。

食べかすを洗い流したり、口内の殺菌したり、炎症を抑えたりなどができるものもあります。

それに対して液体歯磨きは、洗口液の機能に加えて「歯」に対してのケアもできます。

液体歯磨きは、洗口液ではできない「歯石」「歯の着色」「歯のよごれ」などの対策もできるんですね。

紫のリステリンは、口の中のトラブルのほとんどを1本で予防・改善することができます。

紫のリステリンの使い方

紫のリステリンの使い方
転載元:リステリン公式サイト
紫のリステリンの使い方は、洗口液のように口をすすぐだけでなく、ブラッシングも必要になります。

洗口液のように、ブラッシングをしてから仕上げに使うのではないことに注意が必要ですね。

紫のリステリンの使い方

  1. 20mlをキャップに取る
  2. 30秒ほど口内をすすぐ
  3. 吐き出してからブラッシング

公式サイトには書かれていませんが、ブラッシングにより、食べかすや歯垢などが出ている可能性があるので、水で軽くすすぐ方が良いと思います。

紫のリステリンのラインナップ

紫のリステリンには2種類ありますが、どちらも効果や使い方は同じです。

あなたの好みに合った方を選ぶと良いでしょう。

刺激有りのトータルケア プラス

トータルケア プラス

商品名 トータルケア プラス
分類・種類 医薬部外品・液体歯磨
内容量 100/500/1000ml
効果 口臭/歯肉炎/歯垢の予防/虫歯/歯石/歯肉炎/着色/汚れ・ネバつき予防

ノンアルコールで低刺激なトータルケア ゼロ プラス

トータルケアゼロ プラス

商品名 トータルケアゼロ プラス
分類・種類 医薬部外品・液体歯磨
内容量 100/500/1000ml
効果 口臭/歯肉炎/歯垢の予防/虫歯/歯石/歯肉炎/着色/汚れ・ネバつき予防

実際に紫のリステリンを使ってみた感想

今回、「トータルケア プラス」を使ってみました。

リステリンは刺激が強いと聞いていたので、低刺激の「トータルケアゼロ プラス」を使おうか迷っていたのですが、刺激の強さを確かめてみたくて「トータルケア プラス」を選びました。

結論としては、口内の殺菌作用やブラッシングによる歯垢の除去などはしっかりとされているように感じました。

使用後のさっぱり感はあるものの、爽やかな香りなどはしませんでした。

口臭の根本解決を目的とするケアにはおすすめできます。

使用感

紫のリステリンのキャップ
まずはじめに、口に含むためにキャップにリステリンを注ぎますが、その際、画像のようにキャップが2重構造になっているため、すき間に入り込んでしまうのが難点です。

口に含むときにも少しキャップから垂れてしまうことがあるのが気になりましたね。

それ以外の使用感は、「それほど刺激が強い」とは感じませんでした。

炭酸飲料のスプライトの方がずっと刺激を感じる程度です。

マウスウォッシュで比較するなら、ガム・デンタルリンスの方が刺激が強く感じました。

感じ方は人それぞれですが、参考にしていただけたらと思います。

実際、公式サイトにある種類の説明でも、刺激の強さは中間的なランクに位置していることからも明らかです。

臭いや効果

使用後の臭いは結構します。

それも薬品的な臭いですね。

トータルケア プラスは洗口液ではありませんから、ミントなど爽やかな臭いを付けるようなものではありません。

食後の口臭などを一時的に抑えたり、デート前に爽やかな香りにしたいというような使い方には向いていません。

臭い消しではなく、あくまでも口内のケアとして使用するべきものです。