口臭を消す食べ物まとめ | 口臭予防におすすめ

丁寧に歯磨きやブラッシングをしていても、「自分の口臭が気になる・・・」という方は少なくありません。

磨いても磨いても臭いが改善されない時に、一体何をすれば良いのか気になりますよね。

そのような時は、口臭を消す食べ物を食べてみてはいかがでしょうか。

ニンニクやニラなど臭いの強い食べ物を避けるだけではなく、口臭を消す食べ物を意識して食べていれば症状の緩和を図ることができます。

「何気なく毎日食べていたものが実は口臭予防に最適だった」という場合も決して少なくありません。

ここでは口臭を消す代表的な食べ物を幾つか紹介していますので、口の臭いで悩んでいる方は参考にしてみてください。

ただし、ニンニクなどの臭いを消すなど即効性のあるものではありませんから、日々の口臭予防・対策として利用するようにしてください。

口臭を消す代表的な食べ物はこれだ!

レモン

レモンのイメージ
レモンは、口臭を消してくれる代表的な食べ物です。

フルーツの中でもレモンは口臭予防に効果的で、その理由を幾つか挙げてみました。

  • 殺菌作用を持つクエン酸が口内の細菌の繁殖を予防できる
  • 酸っぱさが口内の洗浄効果を持つ唾液の分泌を促してくれる

臭い物質を作り出す細菌の働きを抑えながら唾液の分泌も促してくれますので、レモンが口臭予防に向いている食べ物なのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

レモンを丸かじりしなくても、クエン酸配合のレモン水やレモンキャンディーで代用可能です。

リンゴ

リンゴのイメージ
リンゴの中に含まれている成分のポリフェノールオキシは、口臭の原因物質のメティルメルカプタンを防いでくれます。

メティルメルカプタンは少量でも強力な悪臭になりますので、非常に厄介な存在です。

しかし、リンゴを食べるだけでメティルメルカプタンの発生自体を抑えてくれますので、口臭で悩んでいる人は食べた方が良いでしょう。

口臭予防以外にも、リンゴは次のように健康や美容に効果的な食べ物です。

リンゴの効果

  • 食物繊維の一種であるペクチンが腸内で排便を促して便秘を予防してくれる
  • 体内の水分量を調節するカリウムが身体のむくみや高血圧を予防してくれる
  • 抗酸化作用の高いポリフェノールの効果で肌の老化を未然に予防できる
  • リンゴの酸味のリンゴ酸が体内の疲労物質を分解して疲れた身体を癒してくれる

健康と美容の両方に役立つ果物ですので、毎日の食生活にリンゴを取り入れてみてください。

はちみつ

はちみつと口臭予防の関係
はちみつは甘みのある食べ物なので、口臭対策とは無関係に思われるかもしれません。

はちみつには、ポリフェノールの一種のフラボノイドが含まれていてフラボノイドには強い殺菌作用があります。

はちみつの殺菌効果の例

  1. はちみつを食べると抗菌作用の高いフラボノイドを摂取できる
  2. 優れた抗菌成分が悪玉菌の活動を抑えて善玉菌を活性化させる
  3. 虫歯や歯周病のリスクが減少すれば口内が腐敗せずに済む
  4. VSC(揮発性硫黄化合物)の生成を抑えて口臭を予防できる

他にも、はちみつの甘さは虫歯のエサになる白砂糖のスクロースとは違いますから、虫歯になることを気にすることなく口内を殺菌できるのです。

虫歯や歯周病予防にもおすすめです。

緑茶

緑茶のイメージ
緑茶が口臭の予防や対策に適しているのは、殺菌効果の高いカテキンが配合されているからです。

他にも、カテキンに加えて葉緑素(クロロフィル)を多く含んでいるので唾液の分泌を促進することが期待できます。

緑茶の口臭効果

  1. カテキンの抗菌作用や殺菌作用で口内を清潔に保つことができる
  2. 唾液分泌を促進することで細菌から守ってくれる

緑茶は健康的な飲み物として知られていて、ポピュラーな飲み物ですよね。

コンビニなどでも簡単に購入できるので、口臭対策にとても手軽に使えるアイテムです。

生玉ねぎ

生玉ねぎのイメージ
生玉ねぎは口臭を消してくれる食べ物の一つで、抗菌成分が含まれています。

生玉ねぎの抗菌成分は、歯茎の病気と虫歯に繋がる細菌に効果を発揮するのが特徴です。

歯茎の炎症は歯周病に繋がることが多く、下記のように口臭の症状が悪化しやすいので注意しないといけません。

  1. 歯周病の初期症状は歯茎の炎症や骨に炎症が到達する歯周炎
  2. 歯周病が悪化すると歯と歯の間や歯周ポケットに細菌が入り込む
  3. 細菌の繁殖によって口腔内がネバネバして口臭を発生させる

「歯茎がブヨブヨする」「歯茎がムズ痒い」といった症状は歯茎が炎症を起こしているサインですので、抗菌作用を持つ生玉ねぎをサラダやサンドイッチに入れて食べてみましょう。

生姜

生姜のイメージ
身体を温める作用を持つことで有名な生姜は、口臭の予防や改善にも効果を発揮しますよ。

生姜の代表的な成分は、「ジンゲロール」「ジンゲロン」「ショウガオール」の3つで、それぞれの大まかな働きは次のようなものです。

ジンゲロール 強力な殺菌効果で口内の嫌気性菌が繁殖するのを未然に防止する
ショウガオール 高い殺菌効果と抗酸化作用で身体に悪さを働く活性酸素を取り除く
ジンゲロン 身体の内部から温める作用で免疫力を高めて風邪を予防する

口臭を和らげると同時に、冷え性防止やむくみ解消にも役立ちますので、生姜は毎日の食卓に取り入れたい食材です。

アルカリ性の野菜

野菜のイメージ
アルカリ性の野菜は、口臭の予防効果を持つ代表的な食べ物です。

アルカリ性の野菜を毎日の食生活で積極的に取り入れると、体内のpHバランスを調整できます。

体内のpHバランスが偏ると口臭や体臭などの臭いのトラブルが引き起こされやすくなりますので、野菜中心の食生活を心掛けるのが効果的ですね。

現代人は肉類や卵類などの酸性に偏った食事や、インスタント食品・加工食品を食べる機会が増えました。

野菜の摂取量の減少で健康や美容が損なわれるケースも十分にありますので、今一度日々の食生活を見直してみてください。

プロバイオティクス

ヨーグルトのイメージ
プロバイオティクスとは、乳酸菌を中心に腸内フローラを改善して身体に良い作用をもたらしてくれる生きた微生物を指しています。

ヨーグルトを中心とするプロバイオティクス食品は口臭に効果的で、その理由を幾つか挙げてみました。

プロバイオティクス食品の効果

  • 体内に必要な酵素を補って十分な消化を助けてくれる
  • お腹の中で食べカスが発酵して悪臭ガスが出るのを防いでくれる

不規則な生活習慣で腸内環境が崩れて便秘や下痢になり、悪臭ガスの発生による口臭で悩んでいる方は少なくありません。

女性は特に身体の構造的に便秘で悩まされやすいので、腸内フローラを改善する目的でプロバイオティクス食品を食べてみましょう。