口臭が気になる・・・、キスが怖い人におすすめの予防法

口臭が気になるからキスが怖いと感じる人は多い

「恋人の口臭は気になりますか?」というアンケートで、既婚者の女性は約6割、男性でも4割弱がパートナーの口臭を気にしているという結果が出たそうです。

カップルや夫婦同士でも口臭はとてもデリケートな問題で、次の悩みを抱えている方は少なくありません。

  • 口臭が気になるからキスできない
  • 「クサイ」と思われるのが嫌でキスが怖い
  • 朝に寝起きのキスは絶対にできない

キスの際に恋人から嫌な顔をされて、ショックを受けて立ち直れなくなったという方もいますね。

もちろん、生理的口臭は誰にでも引き起こされる症状ですので、病気のサインではありません。

しかし、口臭が原因で恋人とキスできなかったり相手から拒まれたりするケースは男女ともに十分にあるのです。

口臭が気になってキスできない人におすすめの予防法

自分では気付きにくい口臭はとても厄介ですが、少しでも臭いを和らげることはできます。

正しいケアを毎日の生活で送っていれば、彼女や彼氏とのキスも決して怖くありません。

ここでは口臭が気になってキスできない人におすすめの対処法を紹介していますので、是非一度実践してみてください。

舌苔を取り除く

はちみつで舌苔除去
もっとも簡単で、即効性がある最強の口臭対策だと私は思っています。

舌苔(ぜったい)とは、舌の上に付着している白い苔状の物質のことですね。

舌の上皮が伸びたものに細菌や食べカスが付着して形成されるのが特徴で、雑菌の温床なんです。

また、タバコを吸う方であればニコチンなどが付着するなど更に口臭を酷くなる要素になります。

そこで、この舌苔を取り除く必要がありますが、本来は歯磨き時にやさしく歯ブラシや舌磨きで除去します。

デート中などは歯磨きできるチャンスは少ないですよね。

そんなときは、飲食店などのトイレで舌苔を取ってしまいましょう。

そのときの注意点としては、舌はデリケートなので傷つかないようにやさしく爪でなでたり、ティッシュを濡らして舌を撫でる要領で取りましょう。

舌苔を少しでも取り除くことができれば、それだけでずいぶんと口臭はマシになっているはずです。

寝起きのキスはできる限り避ける

寝起きのキス
口臭自体の予防ではありませんが、寝起きのキスは絶対に避けるべきです。

生理的口臭の中でも寝起きは特に臭いが酷くなりやすいのが特徴で、その理由を簡単にまとめてみました。

寝起きに口が臭い流れ

  • 日中は唾液の分泌が盛んで口内の細菌が洗い流されている
  • 睡眠中は自然と唾液の分泌量が低下する
  • 口腔内を殺菌できなくなって細菌が繁殖する
  • 細菌の増加でVSC(揮発性硫黄化合物)が作られやすくなる

他の時間帯よりも臭い物質が作られやすくなるため、起床直後は口臭が強くなります。

こればっかりは対策のしようがありません。

寝起きのキスをしたい時は歯磨きやうがいをして口内を清潔な状態にしてからにしましょう。

ガムやタブレットを噛む

「口臭をケアして気兼ねなくキスをしたい」という方には、ガムやタブレットが即効性があっておすすめです。

キシリトールやメントールが配合されたガムやタブレットを噛むと、口内をスッキリ爽やかな状態にしてくれますよ。

コンビニやドラッグストアといった実店舗では様々な口臭ケアグッズが販売されていますので、サっと手軽にケアできるのが大きなメリットです。

市販されているガムやタブレットの種類は豊富で、幾つかのタイプがあります。

  • 噛んだり舐めたりして消臭成分を胃に届かせることができる「噛む・舐めるタイプ」
  • 薬のようにカプセルや錠剤を水で飲み込んで口臭をケアする「飲むタイプ」
  • 口の中に液体をシュっと吹きかけて使用する「スプレータイプ」
  • 腸内環境を整えて身体の内側からの臭いを抑える「サプリメント」

フリスクやブレスケアはお近くのコンビニでも購入できますので、キスの前に使ってみてください。

丁寧にブラッシングをする

毎日丁寧なブラッシングを
間違った歯磨きを続けている人は、性別や年齢に関わらず口臭が悪化しやすくなります。

なぜ口臭の予防で歯磨きが大事なのか、以下では簡単にまとめてみました。

歯磨きを怠ったときの状態

  1. 間違った歯磨きで食べ物のカスが口内に残る
  2. それをエサにして口内の雑菌が増えていく
  3. 雑菌が臭い物質のVSC(揮発性硫黄化合物)を作り出す

口内を清潔な状態で保つのは口臭対策において欠かせませんので、朝と晩の1日2回に渡って丁寧なブラッシングを心掛けるべきです。

歯と歯の隙間に詰まったカスは歯ブラシでは綺麗に除去できないため、デンタルフロスや歯間ブラシも有効活用しましょう。

歯科医院で本格的なケアをする

歯医者のイメージ
歯科医院を受診して、本格的な口臭のケアを行うのは選択肢の一つです。

歯のクリーニングや口内のマッサージといった施術を歯科医院で受ければ、口臭の原因菌や舌の菌を綺麗にして臭い物質が発生しにくい状態に導いてくれます。

それに、虫歯や歯周病を患っている人は口臭が悪化しやすいため、口内の病気を治療する意味でも歯科医院への受診は欠かせません。

ただし、歯のクリーニングで歯垢や歯石を綺麗に除去しても、日々のブラッシングが不十分だとだんだんと蓄積されていきますので注意が必要です。

キスで口臭はうつる可能性もゼロではない

「キスで口臭はうつるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

パートナーから口臭をうつされるのも、自分が相手にうつしてしまうのも絶対に嫌ですよね。

結論から言うと、次の理由で口臭はキスでもうつる可能性があります。

口臭がうつる可能性がある理由

  1. キスをすると相手からの唾液をもらう形になる
  2. 唾液の中に歯周病の原因菌が含まれている
  3. 口内を清潔にしていても相手から原因菌をもらうことがある
  4. 歯周病を発症して口臭の症状が悪化しやすくなる

キス以外にも、同じ食器を使ったりまわし飲みをしたりしていると、歯周病菌に感染する可能性もあるのです。

もちろん、歯周病菌が口の中に入り込んでも直ぐに歯周病を発症して口臭が酷くなるわけではありませんので、歯ブラシやデンタルフロスといったグッズを使って口腔内を綺麗に保つ努力をしてみてください。

口臭が原因でキスするのをためらう気持ちはわかります。

パートナーに口臭や歯周病をうつしてしまう可能性があることを考えると、お互いのために日々のケアが大切ということです。

口の中の殺菌と舌苔を取り除くことができるマウスウォッシュに「ゴッソトリノ」というものがあります。
携帯性に優れていてとてもおすすめです。

⇒ ゴッソトリノの詳細と実際に使用したレビュー記事