口臭の予防にビオフェルミンが効果を発揮する理由

ビオフェルミンとは乳酸菌が配合されたビオフェルミン製薬株式会社販売のお薬で、小腸から大腸まで腸内フローラを整えてくれます。

幾つかの種類がありますが、ビオフェルミンは便秘や下痢といった腸内環境の乱れで悩んでいる人におすすめですね。

このビオフェルミンは、口臭予防にも大きな効果を発揮することをご存知でしょうか?

身体の内側から口臭を予防して爽やかな吐息を手に入れたい方に、ビオフェルミンがおすすめできるということについてお伝えしています。

口臭の予防にビオフェルミンが効果を発揮する理由はこれだ!

胃腸を整えることが口臭を抑えることに繋がるからです。

なぜビオフェルミンが口臭の予防に効果を発揮するのか、具体的な理由をまとめてみました。

ビオフェルミンが口臭を抑える流れ

  1. ビオフェルミンの中には人の身体に良い働きをする乳酸菌が含まれている
  2. 乳酸菌は腸内環境を整えるだけではなく、歯周病の原因菌の繁殖を防いでくれる
  3. 口内の出血や腫れの症状を抑えることで口臭が次第に和らいでいく

歯周病菌の中に乳酸菌を加えると、24時間後には歯周病菌の数が大幅に減ったという実験結果も出ています。

口内の細菌の繁殖でVSC(揮発性硫黄化合物)が作り出されると口臭が酷くなりやすいので、細菌の活動を抑えるには整腸剤のビオフェルミンが効果的ですよ。

また、口臭は口腔内のトラブルだけではなく、胃腸の調子の悪化で悪臭ガスが作られて臭いがキツくなるケースもあります。

日々の生活習慣の乱れで腸内環境が崩れている人にも、整腸作用を持つビオフェルミンは役立つのではないでしょうか。

ビオフェルミンにはどのような種類があるの?

一口にビオフェルミンと言っても、下記のように様々な種類のお薬が販売されています。

新ビオフェルミンS「新ビオフェルミンS」 ヒト由来の乳酸菌が小腸から大腸にまで広く届いて整腸効果に働きかけてくれる
ビオフェルミンぽっこり整腸チュアブル「ビオフェルミンぽっこり整腸チュアブル」 2種類の乳酸菌と生薬でお腹のハリや不快感を改善する
ビオフェルミン下痢止め「ビオフェルミン下痢止め」 ロートエキスとシャクヤクエキスがお腹が痛い下痢に働きかけてくれる
ビオフェルミン止瀉薬「ビオフェルミン止瀉薬」 携帯に便利なスティック包装で消化不良や腹痛を伴う下痢に効果的な
ビオフェルミン便秘薬「ビオフェルミン便秘薬」 ビフィズス菌をプラスして心地良いお通じを得ることができる
ビオフェルミン健胃消化薬錠「ビオフェルミン健胃消化薬錠」 弱った胃腸の働きを高めて脂肪分の消化をサポートしてくれる
ビオフェルミンVC「ビオフェルミンVC」 乳酸菌に加えてビタミンC配合でお腹のハリに働きかけてくれる

どのシリーズにも乳酸菌が配合されていますので、身体の内側から口臭の症状を和らげることが可能です。

しかし、口臭予防に特化したお薬を飲みたいのであれば、新ビオフェルミンSを選びましょう。

複数のシリーズの中で新ビオフェルミンSがおすすめなのは、次の3種類の乳酸菌がバランス良く配合されているからです。
(新ビオフェルミンS以外は全て医薬品です。正しい用法で使用するようにしましょう。)

129 BIO 3Bフェーカリス菌 主に小腸に棲み付くのが特徴で、速やかに増殖して腸内フローラを整える
KS-13アシドフィルス菌 乳酸菌の中でも乳酸の生成能力が高く、有害物質を作る悪玉菌の繁殖を抑える
G9-1ビフィズス菌 主に大腸に棲み付くのが特徴で、乳酸と酢酸を生成して悪玉菌の繁殖を抑制する

この3種類の乳酸菌が小腸から大腸まで幅広く働きかけてくれますので、身体に負担をかけずに善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることができます。

整腸作用による口臭改善に一役買ってくれるのは間違いありませんので、身体の内側からケアしたい方は新ビオフェルミンSを飲んでみましょう。

新ビオフェルミンSの正しい飲み方や副作用

3種類の乳酸菌を含む新ビオフェルミンSは、「お腹が弱い」「お腹が張っている」「便秘や下痢が酷い」「口臭を抑えたい」といった時に役立つ整腸剤です。

ここでは新ビオフェルミンSの効果を最大限に発揮させるために、正しい飲み方の情報をまとめてみました。

新ビオフェルミンSの飲み方

  • 5歳~14歳は1回当たり2錠、15歳以上は1回当たり3錠を目安に服用する(5歳未満の服用はNG)
  • 1日の服用回数は3回まで(用法や用量を厳守する)
  • 錠剤を服用するタイミングは食後の時間帯がおすすめ

新ビオフェルミンSに含まれている乳酸菌の効果はマイルドで、用法や用量さえ守っていれば副作用のリスクなく継続できますよ。

劇的な効果がない代わりに、身体に大きな負担を与えることなく整腸作用や口臭予防が期待できるわけです。

「新ビオフェルミンSを飲む量を増やせば増やすほど口臭が和らぐのでは?」と考えている方がいるかもしれませんが、それはありません。

早く口臭を何とかしたいと考える気持ちは分かりますが、新ビオフェルミンSの乳酸菌は飲む量に比例した効果が実感できるわけではありません。

安全性の高い整腸剤でも飲み過ぎは危険ですので、「5歳~14歳は1回2錠」「15歳以上は1回3錠」「1日に3回まで」という目安を守るべきです。

寝起きや空腹時の口臭の緩和を徹底的にサポートしてくれますので、是非一度新ビオフェルミンSを服用してみてください。

吹き出し画像
胃腸の弱い子供でも飲めるものに「新ビオフェルミンS細粒」というのがあるよ!
生後3ヵ月から服用できるようです